ターザンのランニング日記

自身の毎日のランニング日記

毎月のお勤め教室

本日のメニューは
牛肉うどん
ワカメの酢味噌和え
きんぴらごぼう
プリン   の5品でした

IMG_0929肉うどんはしっかりと味がのっていて
薄味ではなくきっとニンニクが上手く
きいているのかも
プリンは粉ゼラチンの風味が何とも言えない
良い味になっていました
うどんはもっと自分なりのアレンジを加えると
グッドな風味に
     

はなちゃんのみそ汁を読んで感動

新聞社勤務の信吾、音楽教師の千恵、それから二人の間にできた女の子はな
話はごく普通の日常事から進みました。
二人とも九州育ちで現在の住まいも福岡です、異変は千恵の体の体調不良から
病院での診断結果を聞かされた後夫に電話をする千恵の気持また夫の信吾にとっては思いもよらない
報告、大変な衝撃を受け,どうしてよいか途方に暮れてしまってました
それからこの後は、闘病生活と抗ガン治療を行い、よく聞く辛い日々を体験してゆきます、そしてこの間に娘のはなが誕生する事になります、話はかなり省いていますが・・・
薬のおかげで体調もよくなり、二人が決断した答えは生む事でした。しかし母親がこういった病気中に生まれてくる子供はかなりの高い割合でいつか同じ病気になる確率が高いと医者かららは聞かされました。
しかし千恵は自分が大病にも関わらず生む決断をします
ほんとに癌でなければどれだけうれしかったことか、
そして千恵は母親としてまた病気と闘う妻としてとても強い意思と気持ちを改めて心に決めます
その後一度は回復にむかいはじめ普通に生活をすることができたのですが
検査の日、再発という二文字を先生から告げられると今度は自分達家族の時間を考える
ようになってゆきます。
そうしているうちに娘のはなも小学生になり母親の病気や周りの状況も理解できるようになってきてお母さんと過ごしている大切な時間を意識できるようになり、またその事を
考えると、とてもやりきれない気持ちになってしまいます。
お母さんは娘が同じ大病にならぬよう小さい時から自家製みそや玄米といった食生活にするように
心がけ一生懸命食べさせました。自分がいなくなってもこういった生活ができるようにそして同じ病気に絶対に
かからないように食生活を小さい時から習慣つけさせたかったのです。
母親千恵の一生は子育てするにはあまりにも短かすぎましたが、その姿を一生懸命
目に焼き付けてきたはなのこれからの人生がとても楽しみでなりません。
強くて思いやりのある素敵な女性になれ・・・                                         写真は本の表紙です、まだ観てない読んでない方に差し障りのない説明にしたつもりですが、映画も公開されている最中で、劇場で見られてもも良いと思います                                                                                                                                                     IMG_0805                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

シネマ エベレスト3D鑑賞

IMG_0772

シネマ エベレスト3D鑑賞

2015年11月26日

16:10

 

11月7日(土) レイトショウにて鑑賞

この映画のあらすじ

1996年各国の登山家が集まったAC隊チームの実際にあった話を元に構成されています。

映画はネパールカトマンズ空港に集合したメンバーの対面から始まります

細かな話は省きますが、この映画の見所は

D映像による臨場感で隊員の登っている足元や

またどうやって撮影したか分かりませんがドローンを使って撮影したかのようなアングルでのカメラワーク

Dなので本当に岩肌が近くにあるかのようなような登っているような感じで撮影されてる所なんかは,期待以上でした

8000メートルを超えるデスゾーンでの猛烈なブリザードや極小のスペースで傾斜角の鋭いクライムは本当にリアルで、実際に映画を見てもらうより仕方ないので説明不可にしておきます

そして、この映画必ずしもハッピーには終わりません

結果8名の犠牲者をだした大変な災難登山になってしまったと言うことですが。

もちろん、隊員メンバーは全て精鋭ぞろいで経歴は文句ない人達です。

それからこの隊員の中には難波康子という日本人女性もいました。

彼女は7大陸最高峰登頂を果たした、日本人女性では二人目の逸材です。しかしそんな彼女もエベレスト下山中にアクシデントに巻き込まれて亡くなってしまった。

これを見て思うことはただひとつ、絶対登りたくないという事です一人600万も払ってしかも数か月もかけて成功する確立は限りなく低い、死を覚悟して挑む事の意味や疑問を討論する場面は話の中にもでてくるのですがほとんど気持は理解できません。

エベレストに関する映像や書物は今まで沢山でてますがこの映画はリアルさといった事に関しては別格でした。ほんとに3Dの技術はすごい進歩しているんですね

今度は是非スターウォーズの3Dを観てみたいです。

久々の投稿でしたが今後は定期的に公開してゆきます。

 

 

 

 

ターザンの自分流料理勉強奮闘中進行形

DSC_0822久しぶりの料理コーナーです。
この中のマーボーナスレシピを書きます。
(材料)なす2本、豚ひき肉160g
しょうが1片、ねぎ2分1本、にんにく1片、季節の野菜(今回はとうがん)適宣
中華スープ1C、酒小さじ2、砂糖大さじ1、塩適宣
濃口しょうゆ大さじ2、豆板醤小さじ2、ていばん醤小さじ2
それから水溶き片栗粉大さじ1、水大さじ1

1、なすは皮をむき、乱切りにし、水に浸してアクを抜く、水気を切る、季節の野菜は食べやすい大きさに
きる。
2、しょうが、ねぎ、にんにくはみじん切にする。
3、鍋を空焼きし、豚ひき肉、2、なす、季節の野菜を
炒める、
4、3、に中華スープ等を加え煮立たら水抜き片栗粉
                                         でとろみをつけ、ゴマ油をおとして香りをつける。
                                         とっても美味しかったです。

久々の九州国立博物館

DSC_0821行ってきました、フェルメール、宗教画が多いのですが、かなり接近して見る事ができました。
光の陰影が抜群でもっと長く鑑賞したかったのですが、わけありで数十分の駆け足鑑賞でした。
点数は絵画と彫刻とかなりの数でした、油絵の保存状態が凄くよくて鮮やかでしたよ。
やはり人物画が際立ちましたね、このチケットの女性像の窓に向かって外を眺めている明かりの強弱は是非実物を見てみて下さい。感動します
かなり、近くで見れますので。一見の価値ありです
平日に行きましたが、かなりのお客さんでしたので
休日に行かれるのであれば、早い時間に行ったほうがよいです。
写真が無くてすみません。
livedoor プロフィール
最新コメント
カテゴリー
  • ライブドアブログ